Mesoscopic Systems

働くルールを理解してこれからの働き方について考えよう!

「誤りは明らか」朝日新聞、高プロに関するフェイク記事を垂れ流しへ

衆議院厚労委員会の採決を目前にして、朝日新聞が高度プロフェッショナル制度などに関して間違いだらけのフェイク記事を垂れ流しました。客観的データに乏しいのにあらぬレッテル貼りを施して、世論を間違った方向に導く手法はもはや通用しないでしょう。

財務次官セクハラ問題:新潮への情報提供は公益通報に当たらない

「テレ朝の記者が週刊新潮に自分のセクハラ情報を流したことを非難する向きもあるが、公益通報であるという考え方もできる」との論調は正しくありません。男女雇用機会均等法と合わせこの点について詳しく解説します。

職場のストレス:20代に心の病が急増したのはなぜか? 

今月14日に日本生産性本部が発表したアンケート調査結果によると、20代の心の病の割合が3年前の調査と比べ急激に増加していることがわかりました。また、最近では20代から40代にかけて心の病の割合が平準化している傾向にあることもわかりました。

若い頃パワハラに耐え中高年で「ウィンドウズ2000」は何か変

旧態依然とした体制を維持し続けている日本企業には、2つの闇が存在します。一つは、若年労働者が味わう理不尽なパワハラ、そしてもう一つは「ウィンドウズ2000」に代表される中高年ローパーの存在です。「ウィンドウズ2000」とはどんな人たちのこ…

新聞社を賃金不払いの容疑で書類送検

平成29年11月30日、久留米労働基準監督署は、労働者に賃金を支払わなかったとして、㈲久留米日日新聞社(福岡県久留米市)と同社社主を最低賃金法4条違反の容疑で福岡地検久留米支部に書類送検しました。

旭化成社長が40代前半の層が薄いことを20年後に気付いた模様   

アサヒ新聞の記事に記載されたアサヒ化成社長の発言が物議を醸しています。「40代前半の層が薄い」と。 ツイッターでもこの発言に非難轟々です。

2018年4月以降、有期雇用労働者の大量雇止めが発生する模様 

改正労働契約法の「5年ルール」が初めて適用される2018年4月を前に、有期雇用労働者の大量雇止めを伝える報道が相次いでいます。

無免許でフォークリフトを運転させたとしてお百姓さんを書類送検:十日町労基署

平成29年11月9日、十日町労働基準監督署は、労働者にフォークリフトを無資格で運転させていたとして、農事組合法人グリーンアース津南と同組合代表理事を労働安全衛生法違反の容疑で新潟地検長岡支部に書類送検しました。

運送業者を書類送検:危ない機械を運転させるときは特別な教育が必要

平成29年9月8日、魚津労働基準監督署は、特別教育をせずに機械を運転させたとして、一般貨物自動車運送業の㈲平和運輸と同社代表取締役を労働安全衛生法違反の疑いで富山地検魚津支部に書類送検しました。

お客さんに美を提供する前に従業員に残業代を提供しよう!

「エステティックサロンさくら」で働いていたエステティシャン7人が会社に残業代支払いを求めて、東京地裁に相次いで提訴しました。エステ業界に蔓延するブラック労働の現状について考えます。

まさに高度プロフェッショナル:Googleの働き方は凄すぎる

Google社の働き方を考察すれば、日本における長時間労働やブラック企業問題を解決するための糸口が見つかるかもしれません。

感電事故を発生させたとして北陸電力グループを書類送検:武生労基署

平成29年11月8日、武生労基署は、北陸電力グループ企業の北陸電気工事㈱と同社現場責任者を労働安全衛生法違反の疑いで書類送検しました。同社は、感電死亡事故を発生させていました。

労働時間をちょろまかされていると思ったら監督署へダッシュしよう

厚生労働省は、11月の「過重労働解消キャンペーン」の一環として「過重労働解消相談ダイヤル」という特別の電話相談を行っています。先月、厚生労働省は相談結果の内容を公表しました。

朝日新聞調査:日経225社の36協定特別延長時間のデータは貴重

朝日新聞が各地の労働局に情報公開請求し、日経225社の36協定の特別延長時間のデータ等をまとめ公開しました。これは、長時間労働の実態を知る上で、たいへん貴重なデータです。

就活生はブラック企業についてどのような考えを持っているのか?

2017年11月、株式会社ディスコは、全国の主要企業および学生を対象に、「ブラック企業についての考え」に関するアンケートを実施しました。その結果、さまざまなことが浮き彫りになりました。