Mesoscopic Systems

働くルールを理解してこれからの働き方について考えよう!

偏向報道の極み:毎日新聞はワーク・ライフ・バランスを語る資格なし

f:id:mesoscopic:20171109172813j:plain

はじめに

高プロに関しまた誰かがバカな記事を書いているなーと思ったら、やはり毎日新聞の記事でした。

情弱向け機関紙だから、偏向報道に拍車がかかるのでしょう。

しかし、その記事を書いた人、はたしてどれだけ労働法を理解しているのでしょうか?

裁量労働制の不適切な運用事例を想定し、あたかも法律に不備があるかの如く脳内変換し、裁量労働制の拡大や高プロの導入に反対の論陣を張っています。 

その記事とは、これ👇です。

https://mainichi.jp/articles/20171108/ddm/016/070/002000c

あまりにも酷い毎日新聞の偏向報道

基本的事項すら理解していない

「高度プロフェッショナル(高プロ)制度」(高収入の一部専門職を労働時間規制から外す制度)が解散により正式に廃案になったからだ。

 (出所:毎日新聞記事 2017年11月8日)

いきなりフェイク(下線部)の出現です。

「高度プロフェッショナル(高プロ)制度」は、解散によって廃案にはなっていません。

当初、高プロを含む働き方改革関連法案は、9月28日に召集することになっていた臨時国会において審議されることが予定されていました。

ところが、北朝鮮情勢の急速な緊迫化などにより、安倍首相は臨時国会召集日の9月28日、伝家の宝刀を抜き、臨時国会冒頭において衆議院を解散しました。

冒頭解散のため、当該関連法案はそもそも国会に上程されていません。

つまり、高プロを含む働き方改革関連法案は廃案になっておらず、審議が先送りになっているだけです。

同法案の本格的な審議は、来年の年初に召集が予定されている通常国会で行われていることが想定されています。

こんな基本的な事項すら捻じ曲げて報道してしまう毎日新聞は、もはや報道機関としての体を為していないと言えるでしょう。

高プロと残業時間の上限規制について

しかし、高プロと「労働時間の上限規制」は性格が相反するものだ。

(出所:毎日新聞記事 2017年11月8日)

高プロを「残業代ゼロ(法案)」と称したり、「残業上限規制と二律背反だ」と主張する人たちは法律を全く理解していないので、賢明な読者の皆さんはこのような人たちの主張を完全スルーしたらよいと思います。

「労働時間の上限規制」とは、正確には、「36協定における特別延長時間に上限を設ける」ということです。

そもそも時間外労働は、労働基準法32条によって禁止されています。労働者を時間外・休日労働協定(36協定)の締結対象に組み込み、当該協定を行政官庁に届け出ることによって初めて時間外労働が法的に認められます。36協定で設定する延長時間は大臣告示基準に定める限度時間(原則として月45時間)を超えないものとしなければならないこととされていますが、36協定に特別条項というオプションを設定することにより、繁忙期に限り限度時間を超えることが許されます。このときの延長時間を特別延長時間と言い、現行法では上限が設けられていません。

一連の働き方改革における「労働時間の上限規制」は、この特別延長時間に上限を設定するというものです。単月ベースでは「100時間未満」という上限を設定することが政労使で決着しています。

一方、高プロとは、対象労働者を時間外・休日労働協定の締結対象から除外するという制度で、法定時間外労働という概念が存在しません。

因みに、高プロ以前に、時間外・休日労働協定の締結対象から除外されている労働者が、現行法でも存在します。労働基準法41条が規定する管理監督者(いわゆる管理職)です。

したがって、管理職にも法定時間外労働という概念がありません。

高プロのと残業時間の上限規制が二律背反だと主張するロジックは、法41条規定の管理監督者と残業時間の上限規制とが二律背反だと主張するロジックと同じです。

だからといって、まさか管理監督者を無くせという議論には繋がらないでしょう。

法の規定通り正しく運用すれば高プロは問題のない制度です。

万が一、使用者によって高プロが不適切に運用され、法違反が確認されれば、労基署に申告し是正勧告してもらいましょう。

高プロ対象者に何でもかんでも仕事をのせてはいけない 

日本企業の管理職の大半は「上から降ってきた仕事」に優先順位をつけて取捨選択したり、期日交渉したりということをほとんどせず、部下にどんどん振ってしまう。そうした職場で、一部の「高度人材」だけ労働時間の管理から外したら、これ幸いと難易度の高い仕事だけでなく、他の社員に割り振り切れなかった仕事をその高度人材にのせてしまう。

(出所:毎日新聞記事 2017年11月8日)

 前半部分について。

900社の管理職の行動特性を、脳内でデーターベース化し、あたかも断定口調で語ってしまうとは驚きですが、管理職も「十人十色」であり、個別事例の範疇を超えないでしょう。

後半部分については、完全に間違っています。裁量労働制や高プロの本質を知らないようです。

裁量労働制や、高プロを事業所に導入する際、使用者が留意すべき決定的事項があります。

それは、

  • 業務の遂行の手段及び時間配分の決定等に関し、当該対象業務に従事する労働者に対し使用者が具体的な指示をしないこと

です。

現行法において既に法制化されている裁量労働制については、実際に、労働基準法38条の3および同法38条の4において同事項が規定されています。

したがって、管理職が裁量労働制の対象労働者に「これ幸いと難易度の高い仕事だけでなく、他の社員に割り振り切れなかった仕事をその高度人材にのせてしまう」時点で労働基準法38条違反です。

労働基準法改正法案にも、高度プロフェッショナル制に関して、同事項はちゃんと規定されています。

「裁量労働制や高プロの対象労働者が使用者から業務遂行手段や時間配分決定に関し余計な口出しを受けたら、直ちに監督署に駆けこんでください」と周知徹底するほうが報道機関としてよほどあるべき姿でしょう。

高プロを捻じ曲げて運用するブラック企業ならどんどん転職したらいい

 結果、高度人材ほど長時間労働に陥り「いいかげんにしろ」「他に行くところはいくらでもある」と他社や他国に流出してしまうのだ。

(出所:毎日新聞記事 2017年11月8日)

下線部の論拠が曖昧ですが、そうなったらそうなったで、遵法意識も薄弱なブラック企業などさっさと見切りを付けたらよいじゃないですか。その前に、監督署への申告はお忘れなく。

因みに高度人材とは、単に「難易度の高い仕事」に就いている人たちだけを意味するのではありません。短時間に高付加価値を創出する人材も「高度人材」といいます。

少なくとも、年功序列賃金制のもとでだらだら生活残業をおこなっている中高年ローパーを高度人材とは言わないでしょう。

残業時間の上限は単月100時間ではない

今回、設定される残業時間の上限は単月100時間であり、これは生死を分けるギリギリのラインに過ぎず、抜け道をセットで作る必要はない。

(出所:毎日新聞記事 2017年11月8日)

記述が誤っています。

「今回、設定される残業時間の上限は単月100時間」ではありません。

時間外労働の上限については、「単月100時間未満(休日労働含む)を限度に設定」が正解です。

したがって、100時間そのものは上限に含まれません。

働き方改革を語るのなら、毎日新聞はこれくらいは理解しておきましょう。

また、「これは生死を分けるギリギリのラインに過ぎず」というのは、月100時間を境に過労死発生リスクが不連続に変わるという印象を与えかねず、不適切です。

実際には、過労死発生リスクは法定時間外労働が月45時間を超えて長くなれば長くなるほど徐々に強くなっていきます。

実際に、「脳血管疾患及び虚血性心疾患等(負傷に起因するものを除く。)の認定基準」では、

  • 発症前1か月間ないし6か月間にわたって、1か月当たりおおむね45時間を超える時間外労働が認められない場合は、業務と発症との関連性が弱いが、おおむね45時間を超えて時間外労働時間が長くなるほど、業務と発症との関連性が徐々に強まると評価できること

と記載されています。

つまり、時間外労働時間に対して、過労死発生リスクの強度がスペクトラム状に分布しており、100時間を境に突然不連続に変わるわけではありません。

月80時間の時間外労働でも、これらの発症リスクが優位に高まるという疫学先行研究がなされています。

www.mesoscopical.com

因みに筆者は、月100時間未満という時間外労働規制は相当に緩く、月45時間という大臣告示レベル以下にまで規制を加えるべきと考えています。こうすることによって初めて、業務と脳血管疾患や虚血性心疾患の発症との関連性が弱いと評価できます。

まとめ

このように、今回取り上げた毎日新聞の記事は殆どにおいて間違った記述がなされています。

悪質な印象操作であり、フェイクとも言えるでしょう。

政府の「働き方改革」と過労死や長時間労働規制との関連性を論じるならば、残業時間の上限が「月100時間未満」で果たして良いのかどうか、その時間数について論じるべきでしょう。

また、日本の低い労働生産性について論じるのならば、成果ではなく働いた時間に比例して賃金が決定される仕組みが労働生産性に与える悪影響ついて定性的に論じるべきでしょう。

これらを切り分けて別々に論ずるのではなく、包括的に論じてこそ「働き方改革」を考える意義があるのです。

そんなことも理解できない毎日新聞に、ワーク・ライフ・バランスを語る資格は無いですね。