Mesoscopic Systems

働くルールを理解してこれからの働き方について考えよう!

シューカツにおける異様な光景は何に起因しているのか

f:id:mesoscopic:20170525054955j:plain

日本型雇用システムと「シューカツ」

ウィキペディアに「ヘッドバンギング」の言葉の説明がなされています。 

ヘッドバンギング (英: head-banging) とは主にロック、ヘヴィメタル、ハードコアなどのギグ、ライヴコンサートで見られる共鳴的動作の一つ。

リズムに合わせて、頭を激しく上下に振る動作である。

しばしば略してヘドバンとも呼ばれる。

ヘッドバンギング - Wikipedia

 黒髪で似たようなスーツを着こなし、説明会の最前列でメモを片手に共感アッピールをひたすら醸しだすためにヘッドバンギング

皆さんは、このおなじみのシューカツの光景を異様に感じたことはないですか?

他国に類を見ないシューカツ生のこの行動特性は、実は日本型雇用と深く関わりがあります。

今回は、これについて考えてみます。

「シューカツ」とは

 シューカツ→就職活動の略

 就職活動とは一般的には職業に就くための活動をいいますが、日本においては多くの場合、新規学卒者が企業とコンタクトを取りメンバーシップに加えてもらうための活動を指します。

すなわち、日本における「シューカツ」は、厳密には就職活動のことを言わず、就社活動のことを意味しています。

実は、シューカツと日本型雇用とは深い関りがあります。

労働政策研究・研修機構の濱口桂一郎氏は、日本の「シューカツ」について次のような解説をしています。

特定の職務について技能を有する者を必要のつど募集、採用するという本来のあり方は影を潜め、企業の命令に従ってどんな仕事でもこなせる潜在能力を有する若者を在学中に選考し、学校卒業時点で一括して採用するという、諸外国に例を見ない特殊な慣行が一般化した。

この新卒一括採用制度においては、学生は特定の職務に関する職業能力をその資格などによって示すという他国で一般的なやり方がとれないため、ひたすら「熱意」と「素質」を訴えるほかない

近年の大学生は卒業の 1 年以上前から「シューカツ(就職活動)」に励むが、それはいかなる意味でも「職(ジョブ)」に「就」くための活動ではなく、会「社」に「入」ってメンバーシップを得るための「入社活動」でしかない

 参照元:産業競争力会議雇用・人材分科会ヒアリング用資料(2013.11.5)

これ以上ないくらい的を得た表現の数々です。

浜口氏が指摘している通り、諸外国では、ある職種において欠員あるいは補充要員が出るたびに、その職種において特定の技能・技術を有する人材を採用するために募集をかけます。

では、新卒一括採用において、特定の職務遂行能力や資格がほとんど考慮されない所以はいったいどこにあるのでしょうか?

正社員の採用にはジョブ・ディスクリプションが存在しない

日本では、大企業正社員を中心にメンバーシップ制を採用しています。

また、メンバーシップへの入口をほぼ一律に新規学卒者に求めています。

その帰結として、他国では類を見ない「新卒一括採用」という特異な方式をとっています。

日本の大企業においては、未だ日本型雇用慣行が根強く残っている企業が多くあります。

日本型雇用慣行におけるメンバーシップ制のもとでは、正社員は、勤務地・仕事内容・労働時間・出向先が無限定の包括的労働契約を締結します。

したがって、正社員の採用に関して明確なジョブ・ディスクリプション(職務記述書)が存在しません。

職務内容も限定されずジョブ・ディスクリプションも存在しない以上、特定の職務に関する専門性が問われないのはある意味自然なことなのです。 

「シューカツ」では何を選考基準にしているのか?

 特定の職務に関する専門知識・技術・技能・資格など客観的要素に依らなければ、企業はいったい何を見て採否を判断しているのでしょうか?

それは、使用者からの一方的な人事権行使に対するストレス耐性が強いか弱いかです。

すなわち、ストレス耐性という曖昧な評価基準でもって採否を決定づけています。

選考過程において、ストレス耐性が他の候補者より優に存するとみなされたとき、採用に至ります。

しかしながら、医学的な見地から実際にストレス耐性が強いか否かについては考慮されません。

あくまでも、面接官がそのように判断したならばの話です。

医者でもない限りそのようなものを客観的・定量的に評価できるでしょうか?

この曖昧な評価基準がミスマッチの要因ともなっています。 

なぜストレス耐性を最重要視するのか?

大企業正社員の採用活動においては、もはや絵に描いた餅になったとは言え、未だ終身雇用を前提にしています。

しかし、終身雇用を前提とすれば内部労働市場による雇用調整に頼らなければならないので、使用者による人事権行使に唯々諾々と従う従業員が必要となります。

大企業ほど内部労働市場における雇用吸収能力が高いため、配転や異動が多く、広範囲の勤務地・職務などへの対応能力が必要となってきます。

これらに対し、我慢強い従業員が欲しいだけなのです。

改めて「シューカツ」を振り返る

 以上の観点を踏まえると、「シューカツ」の一種独特の異様な風景にも理由があることがわかります。

先ほどの説明会における「ヘッドバンギング」を例に考えてみます。

一口に説明会と言っても、「会社説明会」に限らず「IR説明会」・「行政担当者説明会」などいろいろなものが存在します。

「IR説明会」や「行政担当者説明会」において、説明者に対し自分がストレス耐性が強い事をアッピールする必要はありません。

「会社説明会」におけるヘッドバンギングは、ストレス耐性のアッピールが条件反射となって現れたに過ぎないのです。

すなわち、「会社説明会でヘッドバンギングをする」原理は「梅干を見ただけでつばが出てくる」原理と何ら変わりはないのです。

まとめ

一口にストレス耐性と言っても、どれくらいの不条理まで耐えうるかどうかは実際に経験してみないとわかりません。

 本来就職活動とは、自分の適性に合致した職業を選択する活動であるはずです。

欧米のように、インターンシップ等でまずはどこかで働いてみて次第に自分の適性を見極めていくほうが「職に就く」という意味においては適切でしょう。

万が一、合わなければ別の会社に移るか別の職業を選択すればよいだけです。

就職とは、どこでどんな仕事をやらされるかわからないけれど還暦まで働ける会社をどこか一つ選ぶことではありません。

 

 「パブロフの犬」がえさを得ても、それを就職とは決して言わないのです。