Mesoscopic Systems

働くルールを理解してこれからの働き方について考えよう!

電通事件

電通による長時間労働改善計画という「広告」をどのように捉えるべきか

電通が、長時間労働の是正に向けた改善計画を発表しました。記者会見冒頭で、電通の山本敏博社長は、公判審理を「厳粛に受け止める」と述べ、一連の問題について謝罪しました。プロモーションに秀でる電通が、どのような改善計画を発表したのでしょうか?電…

電通の指名停止処分:広告業界のガリバーが一寸法師になっても構わない

厚生労働省による電通に対する行政処分が明らかになってから、様々な官庁の行政処分が次第に明るみになっています。しかし、厚労省の処分が軽いものであったため、他もこれに追従しています。電通事件の今後の注目点としては、電通の山本社長が公判で何を述…

電通略式起訴:電通の入札参加停止がどこまで及ぶか注目していこう  

電通の略式起訴を受け、京都市および神奈川県が行政処分の方針を決定しました。電通が書類送検された少し後に、中央省庁・都道府県・政令都市・独立行政法人・法人など多くの官公庁・団体が、電通起訴の際は処分を検討すると表明していました。今後、電通に…

電通違法残業事件:毎日新聞の解説を徹底的に考える

電通の違法残業事件で、東京地検が、幹部らについては起訴猶予の処分を下しました。検察は、その理由を、幹部らに違法性の認識が薄かったためとしています。では、上司らが確実に違法性を認識するように企業風土を変えるにはどのようにしたら良いでしょうか…

電通事件:電通は36協定が無効なまま従業員に違法残業を強いていた

電通が、36協定が無効なまま、なおかつ従業員に違法な長時間労働を強いていたことが東京地検の指摘により発覚しました。電通が如何に杜撰な労務管理を行ってきたかということの証です。今回は、有効な労使協定とは何かについて考えます。

電通本社を略式起訴へ:そして自然人は誰もお咎めなしへ

6月23日、電通による一連の違法残業事件で、検察の方針が固まったと報道機関各社が一斉に報じました。「幹部が起訴されずに会社が起訴されるってどういうこと?」と疑問に思いませんか?今回は両罰規定について考えます。

隷属なき道:高橋まつりさんの母の書評があまりに正論過ぎるという事実

現代ビジネスに、高橋まつりさんの母幸美さんが書かれた書評ががありました。この書評は、現代日本の雇用の問題点を鋭く洗い出しています。

イビデン・電通・ヤマト運輸:パワハラ・過労自殺について考える

長野県内のヤマト運輸営業所で従業員の男性がパワハラを受け自殺したとして、遺族が約9500万円の損害賠償を求め提訴しました。 平成25年10月には、電子関連機器製造のイビデンでもパワハラ自殺がありました。今回は、イビデン・電通・ヤマト運輸の3…

電通に対する捜査は国策ではない 電通社長、法人としての責任認める

産経新聞が、電通に対する捜査は国策のごとくの報道をしていますが、そうではありません。長時間労働や過重労働の社会的関心の高まりから、違法長時間労働の捜査は国民の多くが望んでいます。

電通に対する捜査は本当に終結するのか?

厚生労働省東京労働局が20日、電通の山本社長から任意で事情を聴取していたことがわかりました。厚生労働省は愛知・京都・大阪の3つの支社における労働基準法違反容疑についても、法人としての電通と幹部を近く書類送検する方針です。

電通3支社書類送検へ(電通事件まとめ)

厚生労働省は、電通の3支社にも今月末にも書類送検する方針を固めました。今回は、一連の電通事件について再考します。

電通が新たに設置を表明した「独立監督委員会」は全然独立していない

今朝、電通が労働環境改善のため「独立監督委員会」なるものを設置するというニュースがありました。はたしてこれが有効な手段と言えるのでしょうか?

電通と三菱電機 自治体への入札参加においてChanges for the worseに

昨日、滋賀県が電通と三菱電機に対し1か月間の入札参加停止を決定しました。これから先いったいどのように変化していくのでしょうか?

JRAが電通の入札停止 滋賀県も方針を固める

労働基準法に違反した企業への制裁の具体例