Mesoscopic Systems

働くルールを理解してこれからの働き方について考えよう!

働き方改革

終身雇用にはブラック企業になりうるDNAがある

かつて終身雇用は、安全安心の働き方の代名詞とされてきました。しかし、景気変動の激しい現代においては、安定的な働き方とは言えません。

終身雇用は長時間労働や過労死の原因…百害あって一利なし

終身雇用は長時間労働や過労死を引き起こす最大の要因です。これは、企業の雇用調整の方式と深く関わりがあります。

株式会社かね岩海苔:厚生労働省が認定したベストプラクティス企業

毎年11月に厚生労働省は、長時間労働削減に積極的に取り組む企業を、「ベストプラクティス企業」に認定しています。今回は、その中の一つ、「株式会社かね岩海苔」の取り組みを紹介します。

偏向報道の極み:毎日新聞はワーク・ライフ・バランスを語る資格なし

高プロに関しまた誰かがバカな偏向記事を書いているなーと思ったら、やはり毎日新聞の記事でした。

働き方改革:絶望的な希望の党が消滅する前に政策分析をしておこう!

先の衆院選において、「希望の党」の大惨敗ぶりは、記憶に新しいと思います。そこで今回は、希望の党が消滅する前に、政策分析します。特に、雇用・労働政策をクローズアップしたいと思います。

肝心なのはフェイクよりファクト:日刊ゲンダイの記事を検証する

雑誌の記事を真に受ける読者は少ないでしょうが、あまりに酷い印象操作、フェイク記事は、ファクトに基づいて一応検証しておいた方がよさそうですね。今回は、日刊ゲンダイの記事を例に挙げ検証します。

毎日新聞は読む価値無し:高プロに関する偏向報道をいい加減やめろ!

高度プロフェッショナル制度(高プロ)や裁量労働制に関するマスコミの報道姿勢は根本的に間違っています。中には、毎日新聞のように現行法制度や改革法案の内容からかけ離れた印象操作がなされている場合もあります。

毎日新聞の「高プロ・裁量労働制で過労死増える」は全く根拠なし

毎日新聞が「高プロや裁量労働制の拡大によって過労死が増える」というフェイク記事を書いています。これは悪質な印象操作であり、はっきり言って何の根拠もありません。

繁忙期の特例を年中適用するな:徳田工業を違法残業で書類送検 多治見労基署

平成29年9月14日、多治見労基署は、徳田工業㈱と同社代表取締役社長を労働基準法違反の疑いで、岐阜地検御嶽支部に書類送検しました。同社は、繁忙期の限度時間を130時間とする特別条項を超えた違法残業を行わせていました。

衆院選:年代別比例得票率と働き方改革との関係

2017年10月22日、第48回衆議院選挙が行われました。選挙に先立ち、各党、雇用政策や働き方政策においてそれぞれ選挙公約を発表しました。年代別の比例投票先に着目すると、ある興味深い事実がわかりました。

日本企業において北朝鮮的な要素を組み入れているのは一体だれか?

作家の橘玲さんは、雇用・労働分野で身分差別をもたらす原因について深く考察されています。日本の会社における身分差別は、表面的には平等意識を植え付けながら、実態は強烈な身分制が敷かれている北朝鮮と変わりがないでしょう。

月80時間超の時間外労働が過労死ラインに設定されている医学的根拠

厚生労働省が規定するいわゆる「過労死ライン」は、様々な医学的根拠に基づいています。その医学的根拠とはどのようなものでしょうか。

ぜひ紅白に出場して欲しい:つんく♂が作曲した支え合いの応援歌

今月10日、つんく♂(48)が、東京都内で行われた障害者のための働き方改革プロジェクト「LIVESプロジェクト」に出席し、新たな楽曲を披露しました。

「残業197時間の運輸会社「社名公表」への疑問」への疑問

ブラック企業を撲滅する最も有効な手立ては、悪質な法令違反を繰り返す企業の企業名を公表することです。

終身雇用・年功序列を改めなければ女性の活躍は夢のまた夢

女性労働者が総合職10年勤務で6割離職の現実とは何とも情けない話ですね。相も変わらず、終身雇用を基調とし、硬直化した労働市場を形成しているからこうなるんです。女性の活躍のためには雇用の流動化しかありません。

総務省がテレビ業界の斜陽化を示すデータを公開

総務省などが実施した調査によって、平成28年の平日1日当たりのテレビ利用時間(リアルタイム)が全世代平均で前年より6.3分減ったことがわかりました。特に、20代の減少が著しく、若者のテレビ離れが浮き彫りになりました。

「部下の代わりに自分が残業」という管理職の本音はおかしくないか?

アメリカでは、10月16日に、部下が上司をランチに招待したり、プレゼントを贈ったりする文化があるそうです。しかし、おそらく日本ではこれは普及しないでしょう。なぜなら、多くの日本企業では、違う形でほぼ毎日部下が上司に対してプレゼントを贈って…

テスラの電動トラックは物流業界に革命をもたらす可能性を秘めている

トラック業者の8割以上に何らかの法令違反が見られたことが厚労省の調査でわかりました。違反事項としては労働時間が最も多く、ドライバーの人員不足が深刻であることを裏付けた格好になっています。

2ちゃんねるひろゆき:ブラック企業を安心して辞められる仕組みを作りたい

2ちゃんねる元管理人ひろゆき氏が、「働き方改革をするとしたらブラック企業で働く人が安心して辞められる仕組みを作りたい」と言っています。ブラック労働に遭遇したら、一刻も早く皆で辞められる環境を整備することこそ、ブラック企業を自然淘汰させる意…

「残業規制で所得8.5兆円減=生産性向上が不可欠」の真の意味とは?

大和総研は、残業時間の総量規制(月平均で60時間)によって、残業代が最大で年8兆5000億円減少すると試算しました。実はこれにはある奥深い真の意味が込められています。それは一体何でしょうか?

日本型雇用慣行:73年前のマリアナ沖海戦から考察する

73年前のマリアナ沖海戦の敗北により、日本の敗戦が決定的となりました。これは、既得権者の独善と過信によって古い慣行が貫かれた結果、壊滅的な打撃が加えられたことに起因します。現代の働き方でも同じことが起きていないでしょうか?

雇用や労働の分野に差別をもたらした諸悪の根源は何か?

作家の橘玲さんが「日本社会を『破壊』し腐らせていくひとたち」と題する記事を寄稿されました。日本の雇用労働の分野において、「身分差別」「性差別」「国籍差別」「年齢差別」という点に注目すると、ある事柄がそれら「差別」の共通要因として内在してい…

大仏様が泣いている:東大寺福祉事業団が残業代未払いで提訴される

東大寺と言うと奈良の大仏様が有名です。大仏建立の詔を発した聖武天皇のお后の光明皇后は、奈良時代に社会福祉事業に尽くされた方で有名です。しかし、社会福祉法人東大寺福祉事業団の職員や退職者が、所定の残業代が支払われていないとして、同法人を訴え…

13年間仕事を与えられずうつ状態 パワハラと認定:神戸地裁

兵庫教育大の元男性職員が、約13年間十分な仕事を与えられず精神的苦痛を受けたとして、損害賠償を求めた訴訟の判決公判が開かれ、神戸地裁は大学のパワハラ行為を認め50万円の支払いを命じました。

シャープの業績回復をどのように捉えるべきか?

8月12日で、シャープが台湾の鴻海精密工業の傘下に入ってから1年が経過しました。シャープは、3四半期連続で最終黒字を確保し、株価もこの1年で4倍に跳ね上がっています。この背景には、鴻海出身の戴正呉社長が打ち出したある人事方針にあります。

「若者の8割は残業ゼロで成果を出す上司が理想」との調査結果

総合人材サービス会社が、若手社員300人に、理想の上司像についてアンケートを取ったところ、「残業ゼロで成果を出すタイプ」が82%に上りました。一方、実際に身近にいる上司について、「残業ゼロで成果を出すタイプ」は、28%でした。この理想と現…

日本より前に年功序列賃金を採用する国が存在した

日本では、高度経済成長期に年功序列賃金が形成され定着していきました。しかし、日本よりも以前に、年功序列賃金を採用していた国が存在していたのを皆さんはご存知でしょうか?

年功序列賃金が時代に合っていない十分すぎる理由

年功序列賃金は、経済が成長し続け、かつ、労働力需給の均衡を保つために若年労働者を安定的に労働投入し続けられるような状況下に無いと、成り立たないシステムです。これが、現代において成立し得ないことは明らかです。

硬直化した労働市場では好景気でも賃金は上がらない:フェルドマン氏

IMF(国際通貨基金)出身のロバート・フェルドマン氏は、景気回復局面でも賃金がなかなか上昇しないのは、日本の労働市場が二重構造であることに起因すると指摘しています。また氏は、「「首切り自由法案」「残業代ゼロ法案」といった批判は、問題の本質…

トヨタの働き方新制度は「裁量労働」とは言わない:マスコミいい加減にしろっ

今回ほどマスコミ報道に憤りを感じたことは無いですね。トヨタの働き方に関する新制度について、マスコミ各社が誤報を打ちまくっています。いったいどこが裁量労働なのでしょうか。単なる一民間企業の制度変更を政治的に利用し、報道するのはやめた方がよい…