Mesoscopic Systems

働くルールを理解してこれからの働き方について考えよう!

「高プロ」特集

偏向報道の極み:毎日新聞はワーク・ライフ・バランスを語る資格なし

高プロに関しまた誰かがバカな偏向記事を書いているなーと思ったら、やはり毎日新聞の記事でした。

肝心なのはフェイクよりファクト:日刊ゲンダイの記事を検証する

雑誌の記事を真に受ける読者は少ないでしょうが、あまりに酷い印象操作、フェイク記事は、ファクトに基づいて一応検証しておいた方がよさそうですね。今回は、日刊ゲンダイの記事を例に挙げ検証します。

毎日新聞は読む価値無し:高プロに関する偏向報道をいい加減やめろ!

高度プロフェッショナル制度(高プロ)や裁量労働制に関するマスコミの報道姿勢は根本的に間違っています。中には、毎日新聞のように現行法制度や改革法案の内容からかけ離れた印象操作がなされている場合もあります。

毎日新聞の「高プロ・裁量労働制で過労死増える」は全く根拠なし

毎日新聞が「高プロや裁量労働制の拡大によって過労死が増える」というフェイク記事を書いています。これは悪質な印象操作であり、はっきり言って何の根拠もありません。

衆院選:年代別比例得票率と働き方改革との関係

2017年10月22日、第48回衆議院選挙が行われました。選挙に先立ち、各党、雇用政策や働き方政策においてそれぞれ選挙公約を発表しました。年代別の比例投票先に着目すると、ある興味深い事実がわかりました。

会社の裁量で裁量労働制を勝手に歪めたとしてゲーム会社に是正勧告:渋谷労基署

ゲーム開発会社に勤務し、専門業務型裁量労働制が適用され、宣伝やイベント企画担当の女性について、渋谷労基署が、適用無効と判断した上で残業代を支払うよう同社に是正勧告していたことが分かりました。今回は、専門業務型裁量労働制の対象業務について詳…

高度プロフェッショナル制度の対象に医師は含まれるか?

高度プロフェッショナル制度(高プロ)は、「高度の専門知識等を要する」職種を対象に、時間外・休日労働協定の締結対象から外し、成果に応じて賃金が支払われるようにするものです。では、医師は高プロの対象労働者に含まれるでしょうか?

「部下の代わりに自分が残業」という管理職の本音はおかしくないか?

アメリカでは、10月16日に、部下が上司をランチに招待したり、プレゼントを贈ったりする文化があるそうです。しかし、おそらく日本ではこれは普及しないでしょう。なぜなら、多くの日本企業では、違う形でほぼ毎日部下が上司に対してプレゼントを贈って…

雇用や労働の分野に差別をもたらした諸悪の根源は何か?

作家の橘玲さんが「日本社会を『破壊』し腐らせていくひとたち」と題する記事を寄稿されました。日本の雇用労働の分野において、「身分差別」「性差別」「国籍差別」「年齢差別」という点に注目すると、ある事柄がそれら「差別」の共通要因として内在してい…

大仏様が泣いている:東大寺福祉事業団が残業代未払いで提訴される

東大寺と言うと奈良の大仏様が有名です。大仏建立の詔を発した聖武天皇のお后の光明皇后は、奈良時代に社会福祉事業に尽くされた方で有名です。しかし、社会福祉法人東大寺福祉事業団の職員や退職者が、所定の残業代が支払われていないとして、同法人を訴え…

高度プロフェッショナル制度:全く正反対の2つの社説を比較する

7月31日、2つの新聞の紙面上に、高度プロフェッショナル制度(高プロ)に関し全く意見の異なる社説が掲載されました。どちらが法律的に正しい表現を用いているのでしょうか?両社の社説を見比べ、内容を紐解くと、編集者の真意を読み解くこともできます。

マスコミが高度プロフェッショナル制度に反対するのはなぜか

高度プロフェッショナル制度に関する最近のマスコミの論調は、目に余るものがあります。しかし、新聞記事の編集権を誰が握っているかを考えれば、どうしてこうなるか自ずと答えが見えてきます。

残業しなければならないように労働社会が設計されたのは過去の話

残業とは、かつて経済成長が著しい頃に定着した、内部労働市場による雇用調整の一環です。しかし、日本型雇用慣行を維持し続ければ、今後ますます時代にそぐわなくなり、労働力の需給調整が破綻しかねません。「残業が柔軟な働き方」などと、何を言っている…

高度プロフェッショナル制度:北海道新聞は言行不一致をやめよう

最近の高プロに関するマスゴミの論調には辟易としますね。その最たる例が北海道新聞の記事です。そもそも新聞が、「残業代ゼロ法案」だの「労働基準法改悪」だの左翼スラングを堂々と記事に用いてはいけないでしょう。

高プロを残業代ゼロと言うのはダラダラ残業に安住したいことの証

高プロでまさかこんなことになるとは予想もしていませんでした。なんと、労働組合のナショナルセンターである連合前に、労働者が押し寄せるデモがありました。この人たちは高プロの内容をちゃんと理解しているのでしょうか?

高度プロフェッショナル制度と長時間労働とは関係ない

朝日新聞が高度プロフェッショナル制度(高プロ)についての社説を掲載しました。高プロが長時間労働に繋がらないか懸念を示す内容でした。果たしてこれは本当に正しいと言えるのでしょうか?

高度プロフェッショナル制度で割を食うのはいったい誰か?

高度プロフェッショナル制で割を食うのはいったいどんな人でしょうか?注意深く考察すると、これが年功序列賃金制と深く関わっていることがよくわかります。

「高度プロフェッショナル制度」について

政府は、高度プロフェッショナル制度(高プロ)の創設を盛り込んだ労働基準法改正案を修正する方針を固めました。連合やマスコミは高プロのことを残業代ゼロと言っていますが、現行の労働基準法においても残業代が出ない人たちはたくさんいます。

残業時間規制と高度プロフェッショナル制度とは矛盾していない

連合が、「裁量労働制は過労死を引き起こす働き方、政府の働き方改革実現会議で議論している(長時間労働抑制という)方向性と全く違う。」と主張を繰り広げています。この主張は、本当に正しいと言えるのでしょうか。今回は成果型報酬について考えます。